HOME>アンケート一覧>
 

ライフスタイル

 

[10911] ライフスタイルに関するアンケート調査(第1回)


■スローライフ型、ファーストライフ型の生活スタイルのうち、6割以上がスローライフ型生活を志向
■時間的なゆとりを感じる人は45.8%にのぼるが、経済的なゆとりを感じる人は24.2%にとどまる
■自分の人的な交流関係が広いと感じる人は2割にとどまる

【調査対象】「MyVoice」のアンケートモニター
【調査方法】インターネット調査(ネットリサーチ)
【調査時期】2007年08月01日~08月05日     【回答者数】12,308名
【設問数】 7~9問(テーマによって異なります)
【属性情報】32項目(詳細はこちら
【調査機関】マイボイスコム株式会社
性別 男性 女性 合計 年代 10代 20代 30代 40代 50代
以上
合計
度数 5,662 6,646 12,308 度数 212 2,107 4,838 3,316 1,835 12,308
46% 54% 100% 2% 17% 39% 27% 15% 100%

1.生活志向
〔これからの暮らし方について、次の2つの考え方があります。「不便であっても、自然環境に恵まれた所で、自然体で、自分らしい生活をする」(スローライフ型)、「お金がかかっても、都会的な生活機能や設備が整った環境の中で、便利で贅沢な生活をする」(ファーストライフ型) あなたは、どちらの意見に賛成ですか?〕
  ライフスタイル
  『スローライフ型生活』を志向する人が全体の6割を越えています。逆に、『ファーストライフ型生活』を志向する人は全体の4割弱です。


2.時間的なゆとりの有無
〔普段の生活において、自分で自由に使える「時間的なゆとり」はありますか?〕
  ライフスタイル
  『時間的なゆとりのある人』(「十分にある方だと思う」+「ややある方だと思う」)は全体の45.8%でした。一方、『時間的なゆとりのない人』(「あまりない方だと思う」+「まったくない方だと思う」)は34.8%と相対的に見て少なくなっています。


3.経済的なゆとり
〔普段の生活において、自分で自由に使える「経済的なゆとり」はありますか?〕

4.生活改革のための知識・情報所有状況
〔自分の生活をより良いものにするために必要な知識や情報をどの程度お持ちですか?〕

5.人的ネットワークの広さ
〔いろいろな人たちとの交流関係についてはいかがですか?〕

6.生活改革にあたって重視するもの
〔これからの生活をより良いものにしていくことに関連して、あなたが重視するものはどれですか。重視する項目を上位3つまで、お選びください [複数回答、3つまで]〕

7.回答者のコメントから
〔あなたが考える「理想的な生活」〕







会員登録をすると、3問目以降の調査結果もご覧いただけます。
無料会員もありますので、お気軽にご登録ください。
まだ登録がお済みでない方は
会員登録をする
すでに登録がお済みの方は
ログインページへ


◆会員登録すると、各種データをご購入頂けます【会員登録はこちら】
画像をクリックすると販売データの詳細(アウトプット)をご確認頂けます


簡易レポートも販売しています。
■ 簡易レポート

 パワーポイント形式の簡易レポート(21,600円・税込、約3営業日)。
 単純集計のグラフ、クロス集計の%表と、簡単なコメントを記載しています。

 【お申込】お問合せフォームからお申込みください。


【集計サービスのご案内】

■ オンライン集計サービス  →詳細はこちら
 MyELで実施した調査データを、オンラインで自由にクロス集計できるサービスです。
 【お申込】詳細をご確認の上、お申し込みください。

■ クロス集計代行サービス
 ご指定の集計軸でのクロス集計を代行します。(ご指定の3軸×全設問)
 3軸単位で32,400円(税込)、約1営業日で納品します。
 【お申込】お問合せフォームからお申込みください。

 
お問合せはこちらまで
  TEL:03-5217-1911   Mail:myel@myvoice.co.jp (MyEL担当)

ページのTOPへ

SEARCH

カテゴリーで検索

タイトルで検索

設問文・選択肢を検索

継続テーマ一覧 アンケートテーマ一覧

時系列の実施予定テーマ
モニター募集
ネットーチのご相談
    Globalsign SSL Site Seal