HOME>アンケート一覧>
 

ライフスタイル

 

[12209] 少子化に関するアンケート調査


■少子化による不安点は、「税金・医療費の負担増」「年金支払額の増加」がトップ2
■少子化の原因は「晩婚化・非婚化」が1位。「女性の働き方・ライフスタイルの変化」「経済的な余裕がない」も僅差で続く
■少子化対策として政府・企業が推し進めるべき政策は、「保育施設の整備・拡充」がトップ。「子どもがいる家庭に対する税の減免措置の拡充」が2位
■「結婚する・しないは個人の自由である」「子育ては、夫婦が協力して役割を担うべきである」は『そう思う』が7割強

【調査対象】「MyVoice」のアンケートモニター
【調査方法】インターネット調査(ネットリサーチ)
【調査時期】2008年09月01日~09月05日     【回答者数】15,495名
【設問数】 7~9問(テーマによって異なります)
【属性情報】32項目(詳細はこちら
【調査機関】マイボイスコム株式会社
性別 男性 女性 合計 年代 10代 20代 30代 40代 50代
以上
合計
度数 7,127 8,368 15,495 度数 174 2,335 5,569 4,467 2,950 15,495
46% 54% 100% 1% 15% 36% 29% 19% 100%

1.子どもの有無
〔あなたにはお子さんがいらっしゃいますか。いらっしゃる方は、一番下のお子さんの年齢をお答えください〕
  少子化
  お子さんがいる人(「子どもはいない」以外)は53.4%となっています。


2.少子化の不安点
〔少子化により、あなたが不安に感じていることは何ですか?[複数回答]〕
  少子化
  「税金・医療費などの負担が増加する」が64.9%でトップです。「年金の支払い額が増加する」が56.0%で続きます。


3.少子化の原因
〔あなたは、少子化の原因は何だと思いますか?[複数回答]〕

4.少子化対策として政府・企業が推し進めるべき政策
〔少子化対策として、政府・企業が積極的に推し進めるべきだと感じる政策は次のうちどれですか?[複数回答]〕

5.結婚観・家族観・子ども観
〔次のうち、あなたが「そう思う」と感じるものをお選びください [複数回答]〕

6.回答者の職業
〔あなたご自身は次のどれにあてはまりますか?〕

7.配偶者の職業
〔(既婚者)あなたの配偶者(夫・妻)の職業をお知らせください〕

8.回答者のコメントから
〔あなたにとっての結婚・家族・子ども観〕







会員登録をすると、3問目以降の調査結果もご覧いただけます。
無料会員もありますので、お気軽にご登録ください。
まだ登録がお済みでない方は
会員登録をする
すでに登録がお済みの方は
ログインページへ


◆会員登録すると、各種データをご購入頂けます【会員登録はこちら】
画像をクリックすると販売データの詳細(アウトプット)をご確認頂けます


簡易レポートも販売しています。
■ 簡易レポート

 パワーポイント形式の簡易レポート(21,600円・税込、約3営業日)。
 単純集計のグラフ、クロス集計の%表と、簡単なコメントを記載しています。

 【お申込】お問合せフォームからお申込みください。


【集計サービスのご案内】

■ オンライン集計サービス  →詳細はこちら
 MyELで実施した調査データを、オンラインで自由にクロス集計できるサービスです。
 【お申込】詳細をご確認の上、お申し込みください。

■ クロス集計代行サービス
 ご指定の集計軸でのクロス集計を代行します。(ご指定の3軸×全設問)
 3軸単位で32,400円(税込)、約1営業日で納品します。
 【お申込】お問合せフォームからお申込みください。

 
お問合せはこちらまで
  TEL:03-5217-1911   Mail:myel@myvoice.co.jp (MyEL担当)

ページのTOPへ
■一般会員(有料)新プラン開始のお知らせ■
一般会員(有料)の新プランをリリースいたしました
一般会員(有料)会員プランの詳細はこちらをご覧ください。
一般会員(有料)への申込みはこちら

SEARCH

カテゴリーで検索

タイトルで検索

設問文・選択肢を検索

継続テーマ一覧 アンケートテーマ一覧

時系列の実施予定テーマ
モニター募集
ネットーチのご相談
    Globalsign SSL Site Seal