HOME>アンケート一覧>
 

交通・レジャー・娯楽

 

[13809] 高速道路の利用に関するアンケート調査


■2009年1年間で高速道路を利用した人は72.1%。利用目的は「観光・レジャー」が83.4%でトップ
■PA、SAの利用目的は「トイレ」が93.5%でトップ、以下「休憩」、「飲み物の購入」、「食べ物の購入」が5割以上
■ETC割引制度導入によって、「車載器の購入」、「利用回数の増加」、「土日・祝日利用の増加」など高速道路の利用に変化があった人は5割弱

【調査対象】「MyVoice」のアンケートモニター
【調査方法】インターネット調査(ネットリサーチ)
【調査時期】2010年01月01日~01月05日     【回答者数】13,036名
【設問数】 7~9問(テーマによって異なります)
【属性情報】32項目(詳細はこちら
【調査機関】マイボイスコム株式会社
性別 男性 女性 合計 年代 10代 20代 30代 40代 50代
以上
合計
度数 5,997 7,039 13,036 度数 194 1,633 4,360 4,166 2,683 13,036
46% 54% 100% 1% 13% 33% 32% 21% 100%

1.高速道路の利用頻度
〔あなたは昨年(2009年)1年間で、自家用車やバイクで高速道路を何回くらい利用しましたか。自分で運転しない場合も含めてお答えください〕
  高速道路の利用
  2009年1年間での高速道路利用率は72.1%です。「2~3回」(17.1%)、「4~5回」(12.5%)、「6~10回」(14.7%)がボリュームゾーンになっています。


2.高速道路の利用目的
〔(高速道路を利用した人)どんな目的で利用しましたか(複数回答可)〕
  高速道路の利用
  「観光・レジャー」(83.4%)が圧倒的に高く、次点は「帰省」(30.5%)です。


3.高速道路の利用時期
〔(高速道路を利用した人)いつ利用しましたか(複数回答可)〕

4.パーキングエリア、サービスエリアの利用状況
〔(高速道路を利用した人)パーキングエリア(PA)やサービスエリア(SA)などは、どのように利用していますか(複数回答可)〕

5.ETC割引制度導入による高速道路の利用の変化
〔(高速道路を利用した人)ETC割引制度の導入によって、高速道路の利用の仕方に変化はありましたか(複数回答可)〕

6.渋滞時の対応
〔(高速道路を利用した人)渋滞にあった時に、あなたは主にどのような方法で対応していますか(複数回答可)〕

7.おすすめのPA・SAのサービスや食事、おみやげなど
〔あなたのおすすめのPA・SAのサービスや食事、おみやげなどがありましたら、教えてください〕







会員登録をすると、3問目以降の調査結果もご覧いただけます。
無料会員もありますので、お気軽にご登録ください。
まだ登録がお済みでない方は
会員登録をする
すでに登録がお済みの方は
ログインページへ


◆会員登録すると、各種データをご購入頂けます【会員登録はこちら】
画像をクリックすると販売データの詳細(アウトプット)をご確認頂けます


簡易レポートも販売しています。
■ 簡易レポート

 パワーポイント形式の簡易レポート(21,600円・税込、約3営業日)。
 単純集計のグラフ、クロス集計の%表と、簡単なコメントを記載しています。

 【お申込】お問合せフォームからお申込みください。


【集計サービスのご案内】

■ オンライン集計サービス  →詳細はこちら
 MyELで実施した調査データを、オンラインで自由にクロス集計できるサービスです。
 【お申込】詳細をご確認の上、お申し込みください。

■ クロス集計代行サービス
 ご指定の集計軸でのクロス集計を代行します。(ご指定の3軸×全設問)
 3軸単位で32,400円(税込)、約1営業日で納品します。
 【お申込】お問合せフォームからお申込みください。

 
お問合せはこちらまで
  TEL:03-5217-1911   Mail:myel@myvoice.co.jp (MyEL担当)

ページのTOPへ

SEARCH

カテゴリーで検索

タイトルで検索

設問文・選択肢を検索

継続テーマ一覧 アンケートテーマ一覧

時系列の実施予定テーマ
モニター募集
ネットーチのご相談
    Globalsign SSL Site Seal